カリキュラム

科目一覧 時間割

科目群 科目名 担当教員 概要
A Reslience Informatics for Innovation(英語科目) 吉田一雄
大澤幸生
イノベーションを成功させるためには、チャンスを活用して、リスクを回避することが不可欠である。本講義では、イノベーションにおける戦略的意思決定を行うために、チャンスとリスクを発見して管理する技術について紹介する。
イノベーションマネジメント 野城智也
吉田 敏
技術変化、市場変化、組織変化など様々な外的要因、及び組織内要因によって、イノベーションのあり方・やり方をどのようにマネジメントしていくか、実例をもとに学んでいく。
Web 工学とビジネスモデル 松尾 豊
森 純一郎
インターネットにおける検索エンジンやSNS、Eコマースなどのさまざまなサービスに関わる、基盤技術ならびにビジネスモデルについて学習する。インターネットを使った新しい事業を立ち上げるための知識の習得を目指す。
科学技術・産業政策論 坂田一郎
丸山剛司
産業政策については、国際競争力強化と経済システムの改革、科学技術政策については、COEの形成や産学連携等のイノベーション・システムの改革など、政策責任者の参加も得て、現下の重要な政策課題について講義を行う。
技術開発組織論 野城智也
吉田 敏
技術倫理・技術革新の両輪を持続的に発展させていくことができる組織の構築・マネジメントの手順・手法について事例を通じて学ぶ。
技術・製品開発マネジメント 上村 務 技術マネジメントに関して、経営が技術についての判断を下すとはどういうことか、技術組織のミッション・プロセスをどのようにデザインするか、技術者をどのように動機付け・育成するか、グローバルな研究開発組織をどのようにマネージするか、知財や契約のリスクをどのように管理するかなど、具体的なケースを通して様々な視点から学ぶ。
技術戦略史/未来社会論 六川修一 技術的視点で過去から現在にいたるまでの技術戦略史を体系的に学ぶ。またわが国の未来社会システムを俯瞰しつつ、今後の技術開発の基本枠組み、主要な要素技術ならびに技術政策のあり方等の基本戦略を学ぶ。
技術ロードマッピング 影山和郎
辻 信之
技術経営において重要な戦略方針を記述する技術ロードマッピングについての講義と演習。産業界全体のマクロなロードマップ、企業の戦略ロードマップの概説とケーススタディ、及びチームに分かれてプランニング手法の演習を行う。ロードマップの戦略的重要性の理解と、演習による実践段階の肌感覚体感を重視する。
プログラム・プロジェクト・マネジメント 冨永 章 目標と期限をもつ非反復活動はプロジェクトである。今日の重要な仕事の多くはプロジェクトに該当する。本講義では、個人向けPM なども含め、目標達成のための「モダンPM」のノウハウを多様な角度から論じる。
Innovation and Entrepreneurship(英語科目) 影山和郎
各務茂夫
長谷川克也
有効なビジネスプランを作成するという実践を通して、高度経済成長企業を起業するために必要な知識と方法を身につけるための教育プログラムである。イノベーションにおいて起業家精神が果たす役割についてもグループで討議する。
Risk Management(英語科目) 茂木源人 リアルオプションによるプロジェクトのリスクマネジメント、コーポレートファイナンスや技術戦略による企業のリスクマネジメント、エネルギーセキュリティに代表される国家のリスクマネジメントといった異なる階層のリスクマネジメントについて、その考え方と価値を評価する手法を学ぶ。
Advanced Technology Management
(英語科目)
坂田一郎
杉山昌広
This course covers various concepts essential for technology management at an advanced level. The topics include stages of innovation, startups and entrepreneurship, modularity and architecture, absorptive capacity of firms, and national innovation systems.
B 企業戦略論 小松原正浩
三谷宏幸
現代の企業における戦略の意義、内容、問題点を体系的に理解する。多面的かつ構造的な転換を余儀なくされている経営環境において、企業戦略に何が求められているのかを把握したうえで、それに応える戦略策定の手法とその基盤となる戦略的な思考について講義した後、企業活動のさまざまな分野における具体的な戦略課題と先端の戦略手法について事例を交えて学ぶ。
経営情報システム 青山和浩
井上善雄
江口隆夫
企業における情報システムの企画から構築までを対象に、要求工学、UML などによるモデル化、業務プロセスの分析手法、システム構築のプロジェクト・マネジメント方法論などに関して、実システムと開発プロジェクトの話題を通じて理解を深める。(青山. 江口)/(1)コンピュータ/システムの変遷、(2)企業情報システムの概要(汎用機/サーバ)、(3)企業情報システムの概要(ネットワーク)、(4)システム設計・開発、(5)システム運用・評価、(6)システムコスト、(7)情報システム組織・アウトソーシング(井上)
財務・会計 杉山慎治 本講義では、企業における会計および財務の役割を、資金調達の方法、資本構成の最適化、企業価値の最大化などのテーマを通じて、理論、市場との関り、実務の面から整理し、将来経営者としてどのように活用するかを学ぶ。
俯瞰経営学 高貫吉信 現代経営に関する重要な基本概念を解説するとともに、実際の経営現場で活用されている主要な経営技法やプロセスを伝授することで、企業人に必要なビジネスリテラシーを育む。また、最前線の産業界の動向を共有して、今日の企業が直面する経営および組織課題ついての理解を深めることで、経済・経営に関する高い問題意識と洞察力を涵養することを目指す。
Econometric Analysis(英語科目) 縄田和満 経済・経営のデータの分析に必要な計量経済学の基礎を学習する。講義の他にExcel、EViewsを使ったパソコンによる演習を行い、実際にデータ解析を行えるようになることを目的とする。
Economic Development of Japan(英語科目) 武田史子 江戸時代以降の日本の経済史を概観した後、高度経済成長期以降の日本の経済構造について、金融市場、産業組織、労働市場、経済政策などに焦点をあてて学習する。
Global Business Strategy and Policy / イノベーションケーススタディ(英語科目) 元橋一之 グローバルビジネスを理解する上で重要な全体戦略、事業投資、戦略アライアンス、マーケティングなどの各項目について、理論に関する講義、ケーススタディ、ケースに対応した実務家からの講義を組み合わせ、グローバルビジネスの実態を学ぶ。対象地域としては、中国やインドを中心とした新興国を取り上げる。
Innovation system engineering(英語科目) 柴山創太郎 This course aims to develop basic skills for policy studies through a project and seminars on several recent topics related to innovation system.
Risk and Regulatory Policy 岸本充生 新規技術のイノベーションのためには安全性が確保されていることが不可欠である。様々な分野における安全に関する基準値の根拠を探ることを通して、リスク評価や規制影響評価の手法を学んだうえで、新規技術のイノベーションを進める中で同時に安全性を確保していくためのガバナンスのあり方について、具体的なケースをもとに学ぶ。
Science Technology and Public Policy(英語科目) 城山英明 科学技術と公共政策の交錯領域に関する課題の全体像を把握することを目的とする。具体的には、リスク評価とリスク管理に関する理論と事例、イノベーションの理論と制度、規制の国際的差異化・調和化、政策手段(法規制とその運用、事故調査・情報共有等)、科学技術と安全保障等について論じる。参加者には随時レポートの提出が求められる。
グローバル生産システム 青山和浩
田中謙司
グローバルに展開する生産システムを構成するエンジニアリングチェインとサプライチェインの2つのチェインに関連した内容を講義する。前半は、製品設計開発とグローバル生産システムにおける、生産システムと製品情報、製品系列設計/モジュール設計、プロセス・モデリングと組織マネジメントに関する内容を学ぶ。後半では、消費活動とグローバル生産システムと題して、需要予測と生産計画手法、効率的な都市のエネルギーの供給、小売流通システムなどの内容を事例研究と共に学習する。
C イノベーションと知的財産 妹尾堅一郎 次世代の産業生態系を見通したイノベーションを展開するために、技術経営戦略を進める上で必要なビジネスモデル(古典モデル、インサイドモデル、アウトサイドモデル、本体モデル、ソリューションモデル他)と、それを支える(国際標準化を含む)多様な知財マネジメントについて、事例を通じてその基本的な概念・モデル等を学習し、応用を考察する。
企業価値と知的財産 渡部俊也
一色正彦
技術がどのようにして企業価値へ貢献できるのか、そのメカニズムを、さまざまな知的財産と企業価値との関係と、知的財産に起因する無形資産の金銭的価値評価手法を通じて理解する。具体的には、(1)無形資産と知的財産の概念の理解、(2)特許、ブランド、著作権、営業秘密と企業活動、(3)知的財産価値の評価方法、(4)知的財産を尺度とした技術の評価事例の理解(演習)、(5)知的財産価値を高める戦略 などについて、講義と演習を通じて理解を深める。
知識マネジメント 馬場靖憲
七丈直弘
企業がどのように情報技術を活用し多様な知識を連結して競争力を獲得し産業を創造するか、必要になる組織、マネジメント、企業文化の理論を展望し、内外の製造業/サービス業/コンテンツ業等のケースを紹介する。
知的財産経営 渡部俊也 技術経営に必要と考えられる、特許を中心とする知的財産の一連のマネジメントを理解する。具体的には特許制度の中で企業が利用可能な選択肢は何か、そして最適な選択肢を選択するための決定プロセスを、特許制度の理解と、具体的な事例による学習を手段として理解することを目的とする。
International Intellectual Propeprty Management(英語科目) 渡部俊也 様々な知的財産制度において国際的な仕組みを理解し、実際のビジネスにおいてどのような対処が求められるのかについて、講義およびケーススタディー、ケースに対応した企業や知的財産専門家からの講義、国際知財紛争についてのケース討論などを組み合わせ、グローバルビジネス遂行に必須な知的財産問題の理解を深める。
必須 Quantitive Methods for Management and Policy Analysis(英語科目) 西野成昭
茂木源人
森純一郎
経営や政策に関わる数理的手法を習得することを目的とする。講義内容は、(1)最適化手法、(2)意思決定理論、(3)情報処理手法、(4)シミュレーション手法の4つのパートから構成されている。各回の前半は講義形式で各トピックの内容を説明し、後半では関連する演習課題が出される。演習を自身で問題を解くことでその手法の習熟度を高め、応用力を身につける。
Copyright (C)2005 Department of Technology Management for Innovation, The University of Tokyo. All Rights Reserved