【入試 Q & A】

Q: なぜ修士課程では入学時に研究室を定めないのでしょうか?
A: 学習支援型を基本に考えており、入学後は講義等のコースワークに集中出来る環境を提供することを考えているからです。半年程度の研究テーマ探索フェーズを経て、研究室配属を決定します。

Q: 学内と学外で定員の枠が別に定められているのでしょうか?
A: 定めておりません。

Q: 9月入学の場合、研究室配属のタイミングはいつになるのでしょうか?
A: 4月入学の場合と比べて、半年ずれて同じスケジュールが進むと考えて下さい。

Q: 過去の受験者数、合格者数の実績を教えて下さい。
A: 工学系研究科HPに開示されていますので、そちらをご覧下さい。

Q: 専攻の設立に当たって参考にされた他の大学の専攻やビジネススクールなどありますか?
A: 本専攻設置の前には、社会人向けのMOT (Mangement of Technology) プログラムが試行されました。それらの結果等を元に専攻の内容を議論し、現在の形式に至っています。

Q: 国際技術経営プログラムとの関係を教えてください。
A: 海外在住の人を対象とした特別プログラムであり、通常入試とは全く異なるプロセスで進みます。興味ある方はこちらのページをご覧下さい。また、カリキュラムは多くの英語講義が用意されており、国際技術経営プログラムで入学した学生と同じ環境で学ぶことができます。

Q: 事前にTOEFL iBTのスコアを出した場合、Reading, Listening, Speaking, Writhingのどの部分のスコアが使われるのでしょうか?
A: 全て合わせた総合スコアを使います。

Q: 出身学部が工学部では無いのですが、大丈夫でしょうか?
A: 本専攻の学生は、工学部に加えて、様々な学部の出身者によって構成されています。

Copyright (C) 2005 Department of Technology Management for Innovation, The University of Tokyo. All Rights Reserved